TOEFLとは

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は世界中で受験されており、180カ国8,000以上の機関が、TOEFLテストスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。

テスト形式は、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4セクション構成です。

日本では英語のテストといえばTOEICが有名ですが、留学を考えるとTOEFLのスコアが重視されます。TOEICとの違いは、「話す」「書く」があることですね。

テストセンターで1人1台コンピュータが割り当てられます。そして、Speakingセクションでは、マイクに向かって話すことで対応されます。
テスト時間も長く、テスト費用もTOEICより高いのですが、留学を少しでも考えている方は一度受験しておくとよいでしょう。TOEICよりも試験の実施回数が多いです。

このページの先頭へ